太陽光発電特ダネ情報局 太陽光発電薄膜技術の先進国日本の薄型の技術は優れています。

太陽光発電と部門

太陽光発電薄膜技術の先進国日本の薄型の技術は優れています。

カラー太陽電池日本は、都道府県ごとに環境問題に向けた対策を推し進めていますが、東京都では、2020年までに二酸化炭素の25%削減に向けて様々な取り組みを行っています。

例えば、起業ごとに排出できる二酸化炭素の量を決める案が出ています。

もしも、基準量を越えてしまった企業の場合は、基準量に余裕がある企業からノルマを買い取る事が出来るシステムだそうです。

このシステムは、根本的な解決になっていないと批判があるシステムですが、行う事によって確実に企業は意識すると思いますので、効果はあると思います。

そして、企業ではなく民間の二酸化炭素削減対策として、太陽光発電の導入を進めているのです。

一般家庭が太陽光発電を導入する事により、電力の自給率があがり、火力発電の負担を減らす事が出来ますので、二酸化炭素を削減する事に繋がるのです。

この様に、東京が率先して対策を講じる事は、二酸化炭素の削減に頭を悩ましている日本全体において大変良い刺激になります。

やはり日本は、首都である東京を中心に回っていますので、東京が先頭に立って他の都道府県をけん引していく形が理想的なのかもしれません。

Comments are closed.

Post Navigation