太陽光発電特ダネ情報局 太陽光発電薄膜技術の先進国日本の薄型の技術は優れています。

太陽光発電と悪いイメージ

太陽光発電産業は、環境問題に対応しているエコビジネスでありますし、そのため世間からのイメージが大切となってくるのです。

例えば、一時期太陽光発電は、生産や廃棄するときに排出されるCo2量が、太陽光発電が削減できるCo2量よりも上回っているので、全くエコではないといったイメージがついてしまいました。

それは、太陽光発電が普及し始めたばかりに1年だけ起こってしまった事であり、現在では、2~3年太陽光発電を利用すれば、開発時や廃棄時に排出したCo2をチャラにする事が出来る研究結果が出ています。

ですが未だに、太陽光発電はエコではないといった事を信じてしまっているかたもいますので、一度ついたイメージを払拭するのは、並大抵の事ではありません。

そして、最近ではカドミウムをつかった太陽光発電も開発されています。

御存じかも知れませんが、カドミウムは流出してしまえば、環境にも人体にも深刻な影響があります。

もちろん、流出しないように最新の注意を払っていますが、太陽光発電のイメージは環境に良いというものですので、カドミウムを使うという事に抵抗がある方は少なくないでしょう。

独自に調査した太陽光発電です事実、日本ではカドミウムをつかった太陽光発電が開発されていましたが、カドミウムの危険性が実証されてからは、研究を中止しています。

ですが、アメリカではカドミウムを使った太陽光発電が当たり前に流通していますので、太陽光発電に悪いイメージがつかない様に注意して欲しい所であります。

Comments are closed.

Post Navigation