太陽光発電特ダネ情報局 太陽光発電薄膜技術の先進国日本の薄型の技術は優れています。

太陽光発電余剰電気買取り制度

太陽光発電の余剰電力買取り制度は、まずマンションに住んでいる人は参加することができません。

太陽光発電は、屋根に貼り付ける場合が多いですから、マンションの屋上につけることは他の人の場所でもありますから難しいと思います。

太陽光発電をマンションで購入しようと思ったら、おそらくすべての人が承認して、負担しなくてはいけません。

太陽光発電導入には、多額の資金が要求されますから意見を統一させて購入まで持っていくのはとても大変なことだと思います。

次の問題点としては、ソーラーパネル自体の値段が高額なことがあげられます。

太陽光発電を導入すると初期投資に200万円近くかかるのです。

太陽光発電の余剰電力買取り制度で初期投資は回収できるとはいえ何十年もかかります。

そこまで持ちこたえられる資金の余裕がないと、太陽光発電を導入することはできないのです。

そして、一軒家でも日当たりがよく、効率の高いところではないと太陽光発電導入は難しいと思います。

太陽光発電は、天候に左右されるところが多く安定的に供給できない大きな難点があります。

たとえ一軒家で太陽光発電を導入したいと思っても日当たりが悪く、雨や雪が多く降る地域では、初期投資を回収するのに時間がかかりペイさせることが難しいと思います。

それなら太陽光発電を導入しないほうがいいのではないかと多くの人が判断してしまうと思います。

このように太陽光発電は、普及させるに当たって大きな不公平感を生み出しているのです。

ただ今後のエネルギー問題や環境問題を解決する大きな方法だと思うので、このような不公平感を含めても普及させていくべきだと私は思います。

Comments are closed.

Post Navigation